濱田英明について濱田英明は、大阪を拠点に活動するフルタイムの写真家です。長男ハルが生まれた後、彼は自分の写真の傾向を意識するようになり、それは彼の人生の重要な部分になりました。 2人の子供の人生を記録した彼のシリーズ「ハルとミナ」を多くの人々が意識しているにもかかわらず、彼はキンフォーク、中国本土、ビッグイシュー台湾などの本のための他の多くの写真活動にも関わってきました。 。浜田秀明。 Fashion Lightroom preset jp Comインタビュー日:2013年15日はじめに日本の写真家浜田英明氏への包括的なインタビューをお届けできることを嬉しく思います。それぞれの写真は自然な感覚、美しい光、そして詩的な構図を持っているので、私はいつも彼の機能に魅了されてきました。ファインダーを通して、彼は通常の生活の単純さと奇跡を捉え、決して疲れない写真を生み出します。カメラの後ろにいる個人に焦点を合わせるのは興味深いことです。このようにクリエイティブを精査することは非常に難しいことです。皆さん、私はその人から最良の答えを見つけて、それがインスピレーションを与えてくれることを望んでいます。秀明はいくつかの重要な懸念、特に写真のさまざまなフォーマットや職業の将来に関する懸念に答えたように感じます。輝くこれらの写真が好きで、そのようなキャプチャから多くの沈黙と魅力を排除することを願っています。 1.いつも写真に興味がありますか?それとも、人生の後半にやってきたものでしょうか?高校生の時に撮影を始めました。長男ハルが生まれて間もなく、私は銃撃の行為にさらに気づきました。基本的に私の作品「ハルとミナ」は彼らの成長記録のファイルです。また、成長したときに何かを感じられるように写真を撮りたいと思います。これらの写真は、将来のプレゼントに似ていると思います。 2.あなたの主で最も人気のあるトピックの1つは、両方とも子供であるハルとミナです。なぜ彼らはあなたに多くのインスピレーションを与え、これまでのあなたの仕事の大部分を占めてきたと思いますか?私の子供たちは私の小さな最愛の人だけではありませんが、私自身の分派です。それらを見ていると、まるで自分が一生生き返るのを見ているような独特の感覚があります。私が見せたいのは「生きている姿」です。子供たちはいつも私が思っている以上に行動します。私の写真のインスピレーションは、このような行動から来ています。 3.写真プロセス全体は、あなたにとって非常に自発的でなければなりませんか?目の前で起こっていることを主に捉えることができますか?私は写真の一部を監督していますが、ほとんどの場合、子供たちと同じように写真を撮ります。